法令改正情報

訪問介護に関する主な通知や法令改正情報です。

障がい福祉サービスに係る通知・改正情報

2018年4月1日 重度訪問介護の入院中支援について

・障がい支援区分6の重度訪問介護利用者に対して、病院、診療所、介護老人保健施設等への入院中にコミュニケーション支援等を提供することが可能になりました。病院等との連携が要件であることと、原則90日以内の期間となります。
・区分6の利用者に対しては、原則として、上記の重度訪問介護による入院中支援が重度障がい者入院時コミュニケーション支援事業に優先されます。併用はできません。
⇒平成30年3月30日付 保在第1366-2号

2017年8月16日 居宅介護及び重度訪問介護に関する留意事項について

・エアコンフィルターの掃除については、利用者の障がいの状況や家族等による対応が困難であるといった世帯の状況によっては、「その他の生活全般にわたる援助」として、家事援助の内容に該当します。
⇒平成29年8月16日付 保在第488号

2017年7月1日 移動支援事業のサービス拡充について

・知的障がい者・児の移動支援対象者が次のように拡充されました(別途調査票で判断)。
 @療育手帳Aを所持しており、単独での外出が困難な者。
 A療育手帳Bを所有しており、外出不安があり単独での外出が困難な者。
目的地を定めない外出(散歩など)での利用が可能となりました。ただし、本人に外出の必要がなく、家族のレスパイトが目的の場合は利用できません。外出の目的を個別支援計画に記載する必要があります。
目的地での活動中でも、実際に介助が必要な場合は利用が可能となりました。ただし、プール等の施設管理者がいる場所や、スポーツの指導や相手等では利用できません。
⇒平成29年5月1日付 保在第1422号

2016年9月1日 移動支援の運用変更について

入院中でも移動支援の利用が可能になりました。日帰りでも外泊でも可能です。
・自立訓練(機能訓練・生活訓練)で市立心身障がい者福祉センターに通所する際、センターまでの往復について、移動支援の対象となりました。
⇒平成28年8月25日付 保在第610号

2016年6月28日 入院中の医療機関からの外出・外泊について

・医療機関への入退院時に加え、入院中に医療機関から日帰りで外出する場合、1泊以上の外泊のため医療機関と外泊先を行きする場合及び外泊先において移動の援護等を必要とする場合は、同行援護、重度訪問介護、行動援護を利用することができます。
⇒平成28年6月28日付 障障発0628第1号

介護保険サービスに係る通知・改正情報

2018年4月1日 介護予防訪問介護の変更について

・介護予防・日常生活支援総合事業の開始に伴い、介護予防訪問介護は介護予防型訪問サービスへと変更となります。